日本橋に本部を置く日本証券業協会の目的⇒協会員の株券や債券など有価証券の売買等に関する取引業務を公正で円滑にし、金融商品取引業が堅実な振興を図り、出資者の保護を事業の目的としているのだ。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(現在の財務省)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を移管し約2年前に生まれた金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁として再組織した。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
【解説】FX:最近利用者が多い、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買した差額によって利益を出す比較的はじめやすい取引である。外貨を扱う外貨預金や外貨MMFと比較してみても利回りが良く、さらには為替コストも安いというのがポイントである。FXに興味があれば証券会社またはFX会社で相談しよう。
いわゆるペイオフとは何か?防ぐことができなかった金融機関の経営破綻による破産によって、金融危機に対応するための法律、預金保険法で保護されることとされている預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事である。
紹介されることが多い「銀行の運営、それはその銀行に信頼があって軌道にのるか、そこに融資するほど値打ちがないものだと断定されてうまくいかなくなるかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
簡単にわかる解説。外貨預金というのは銀行が扱うことができる商品の一つである。日本円以外で預金をする商品。為替レートの変動による利益を得られるけれども、同じように損をするリスクもある(為替リスク)。
保険とは、予測不可能な事故による主に金銭的な損失の対応のために、制度に参加したい多数の者が一定の保険料を掛け金として納め、準備した積立金によって予測不可能な事故が発生した者に保険金を支給する制度なのだ。
紹介しよう「銀行の経営なんてものは銀行自身に信頼があってうまくいく、もしくは融資する値打ちがあるとは言えないと審判されたことで繁栄できなくなる。どちらかである」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
預金保険機構(1971年設立)の保険金のペイオフ解禁後の補償額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"この機構に対しては日本政府この機構は政府、日銀ほぼ同じくらいの割合でだいたい同じ割合で
一般的に外貨MMFとは、国内であっても売買することができる外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。一般的に外貨預金よりも利回りがずいぶんよく、為替の変動による利益は非課税であるというメリットがある。証券会社で購入しよう。
よく聞くコトバ、バブル経済(日本では80年代から)の意味は時価資産(例:不動産や株式など)が取引される価格が行き過ぎた投機により経済の成長を超過してもなお継続して高騰し、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
英語のバンクという単語は実という単語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語に由来するもので、ヨーロッパ最古である銀行。15世紀初頭に現在のイタリア北部のジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行です。
昭和48年に設立された日本証券業協会では、協会員である金融機関が行う株券や債券など有価証券に係る売買等といった取引等を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体が堅実な振興を図り、投資者の保護を目的としているのだ
つまり安定的であるだけではなく活力にも魅力があるこれまでにない金融に関するシステムを構築するためには、どうしても銀行など民間金融機関及び行政(政府)がそれぞれの抱える解決するべき課題にどんどん取り組んでいかなければならない。
つまり、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託)を開発し、適正運営するには、シャレにならないほどたくさんの「やるべきこと」、並びに「やってはいけないこと」が事細かに規則により求められているのである。